スワップ金利比較>スワップ金利益の出金

スワップ金利で稼ぐには
  1. スワップ金利で稼ぐための最適なFX会社
  2. スワップ金利で複利運用FX口座
スワップ金利比較 管理事項
  1. 管理人
  2. ご利用案内
  3. 姉妹サイト案内
コンテンツサイト
  1. FXの始め方
  2. FXのリスクと魅力
  3. FX口座(FX業者)比較
  4. FXの勉強-勝つ方法-
  5. 外貨・FX・外為の本
  6. FX用語五十音
  7. FX用語アルファベット
  8. スワップ金利比較
  9. 年利20%の資産運用
  10. 外貨FXどうでもいい話
  11. 南アフリカランド*
 ポジション未決済においても、スワップ金利益を出金できるFX口座があります。

 こういうFX口座は、含み損があっても、無理して決済する必要がなく、スワップ金利益を自由に使う事ができます。

 出金可能金額は、たいがいどこのFX業者でも次のような計算になります。

 出金可能金額=預託金+実現損益(−評価損)−必要証拠金
    ※預託金:自分が振り込んだ資金(元本)
    ※実現損益:ポジション決済・スワップ金利決済されて決定した損益
    ※必要要証拠金:ポジションを建てるときの金額
    ※(−評価損):評価損益は、損失の時だけ計算に入れます。

 スワップ金利は、評価益があるときは、全額出金できます。
 評価損があるときは、必要証拠金を引いた金額まで、出金可能です。

 例:米ドル/円 預託金50万円 1万通貨購入(必要証拠金2万円)
 評価損 −20万円
 50万円+実現損益−20万円−2万円=28万円+実現損益
 実現損益(スワップ金利益)を全額出金可能です。

 例2 評価損 −50万円
 50万円+実現損益−50万円−2万円=−2万円+実現損益
 この場合、実現損益=スワップ金利益と考えると、スワップ金利益から2万円を引いた金額までは、出金できるということです。
 正直、ここまで評価損があると、ロスカットが心配で出金するのは怖いですけど…

 このようなスワップ金利益が出金できるということは、決済されているわけです。
 当然、税金が課税されます。
 税金について、次のページで説明します。


 (関連ページ 毎年1000万円のスワップ益を得る
 (関連ページ スワップ金利出金可で最適なFX会社
【スワップ金利で運用するFX会社】

オリジナルサービスや便利機能スワップ金利を出金できるのも一長一短

(C) スワップ金利比較